気になる、駐在員の給与について

どうも。こんにちは。

いやらしい話となってしまいますが、私がもらっていた米国駐在時の給与について触れたいと思います。

もし、今後駐在を希望される方がいらっしゃいましたら、参考になればと思います。

結論から言うと、1年間でかなり貯金することができました。

ある程度返してはいましたが、学生時代の奨学金(1種、2種両方借りていました。)を一気に返せてしまうくらいです。

独身27歳の私の場合ですが、その内訳を簡単に説明したいと思います。

  • 給料のもらい方は?

米国で生活する上では必須ですね。中には日本の口座はどうなってしまうの?と疑問にもたれる方も多いかもしれません。

あくまで一例として私の場合です。

給与は日本の口座と米国の口座両方に振り込まれていました。

月々の給与合計金額の比率は日本:1、米国:3くらいでしょうか。

私の場合は奨学金返済やスマホの契約維持費といった日本での月々支払いがありましたので、助かりました。

また、既婚者の場合は家族を日本に残しているパターンもあり、日本の口座と米国の口座と比率が異なるようです。

  • 給与はどうやって決まるの?

駐在員の給与はたくさんもらえる!ずるい!と思っているかたも多いかもしれません。確かに日本で勤務しているときより多いのは事実。

しかしながら、日本を離れた慣れない地での生活を強いられるとなれば、決してたくさんもらっているとは言い切れないのではないかと思います。

ではどのように決められているのでしょうか。あくまで私の例ですが、説明したいと思います。

”基本的な給与の考え方”

その考え方として、”現地でも日本にいたときと同等の生活水準が保てる程度”がベースになっていました。

当然、日本人であればお味噌汁やお米を食べて、魚や漬物をつまみたくなるでしょう。

日本人として日本人らしい生活を送るのは当たり前のことです。

しかしながら先進国の米国であっても、日本の食材を毎日調達するには少し手間とコストがかかります。

価格で言ってしまうと、日本の食材例えばお醤油や味噌、ソース、マヨネーズといった調味料はだいたい1.5倍~2倍くらいです。(私の感覚です)

アジア人向けスーパーにいかないと、十分な和食の買い物は難しいかもしれません。

流通コストを考慮すれば妥当な価格なのかもしれませんが、やはり生活必需品としては高くて購買意欲もなくなってしまいます。

日本人として生活し、基礎地盤を崩さない、という意味でも現地の物価を加味した少し高めの給与体系は納得できると思います。

そうでなくては仕事のパフォーマンスに影響が出かねませんからね。

よく考えられたものです。

  • 実際いくらもらってたんだコラ?

ぶっちゃけてしまいますと、手取りで月合計3,500ドル程(40万円弱)でした。

(日本の口座には上記とは別に手取りで10万円ほど。)

もちろん、家賃が含まれた給与です。

駐在だと家賃は会社持ちのところが多いかと思います。

米国ではなぜか月に2回振り込まれる慣習のようで、上記金額が分割されて支払われていました。

どうでしょうか。恐らく、生活費の心配はいらない程度にはもらえていたと思います。

  • 給与の使い道は?

毎月の固定費は、

家賃:1,000ドル(11万円ほど)

食費:100~200ドル(11,000~22,000円ほど)

ネット代:60ドル(7,000円)

といったところでしょうか。

私は”せっかく米国に来たのだから食文化含めて米国に馴染みたい”という思いがありましたので、食費についてはかなり安かったと思います。

ちなみに電気、水道代、ペストコントロール(シロアリや害虫の駆除)なんかは家賃と一緒に請求されていました。

正直、私みたいに食生活にあまり拘りがなければかなり貯金できるのではないかと思います。

生活面を少し話すと、休日は友人とテニスをしたり、カラオケにいったりして、決して引きこもり生活をしていたわけではありません。

米国内旅行にも年間通して3回ほど行きました。

それでも米国口座に一年間で20,000ドル以上貯金することができました。

もちろん、日本の口座にもお金が溜まっていきます。

おかげさまで奨学金返済がかなり早くなり、いい意味で自分の人生設計変わりました。

  • 最後に

今回はいやらしい駐在員の給与について触れました。

海外駐在員は給与が高いというのは間違いではありませんが、考え方のベースに日本と同等の生活をするということがありますので、決して無理やりな給与体系になっているわけではありません。

今後駐在員として日本を離れる方や、海外に興味を持っている方に少しでも参考になれば幸いです。

次回は、米国での生活について触れたいと思います!それでは!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました